TDC Mei Shuzhi + Lian Jie + Li Xibin
NUMBERS DESIGN BY
AWARD
2020
TDC賞
Mei Shuzhi + Lian Jie + Li Xibin

Big, or Small_RGB

Mei Shuzhi + Lian Jie + Li Xibin|Big, or Small_RGB
Mei Shuzhi + Lian Jie + Li Xibin|Big, or Small_RGB

展覧会「Big, or Small」は、Mei Shuzhiが企画し、Lian JieとLi Xibinが共同キュレーターとして参加した実験的テーマである。この展覧会は中国語のスケール関係理論に関する研究で、現代デザインを背景とした中国語のポジションを探るものである。私たちはさらに、このプロセスを通じて新しい視覚言語特有のロジックを探ろうと試みた。

動画「Big, or Small_RGB」は、この展覧会のダイナミックな展示作品の一つである。中国語による西欧環境の「侵略」を動画の形で表し、西欧言語のデザインシステムを背景とした、中国語のビジュアルプレゼンテーションのステータス確立を探った。動画「Big, or Small_RGB」は翻訳された26のクリップで構成される。Google翻訳アプリで英語から中国語への翻訳が実行される瞬間を捉えたものである。重要なのは、これらのコンテンツが人間ではなくマシンによって生成されたことである。不正確さとでたらめさをマシンが捉え、中国語と西欧言語の衝突が奇妙で無秩序な、いたずら心の溢れるものになった。

Mei Shuzhi + Lian Jie + Li Xibin

Mei Shuzhi(メイ・シュジ):702デザインのアートディレクター。生活が生み出す新鮮さと面白さを求め、デザインの力で生活の中にさらなる可能性を見出す。受賞歴:第96回ニューヨークADC金賞、2019年度東京TDC賞、2019年度DFAアジア・デザイン賞「Grand Award with Special Mention」/金賞、2017年度/2019年度GDC最優秀賞、第9回中国ブックデザイン展金賞、2019年度HKDAグローバル・デザイン金賞など。オリジネーター・共同キュレーターとして参加した展覧会:「SUPER PHOTO」展、「Big, or Small」展等。

 

Lian Jie(リエン・チエ): 2013年に北京でBu Fanとともに設立したL-A-B DESIGNのアートディレクター。中央美術学院卒業。東京TDCブックデザイン賞、アジア・デザイン賞金賞、GDC審査員賞、金賞、レッド・ドット・デザイン賞を受賞。作品は中国国家博物館および中国美術学院民芸博物館に常設コレクションとして収蔵されている。

 

Li Xibin(リー・シビン): 2007年に中央美術学院を卒業。DTZWデザインスタジオの創立者/パートナー。2011年にブランド「TRIPLE-MAJOR」が東京TDC賞を受賞。2015年に東京TDCから2016年度国際審査員として招かれる。「TRIPE-MAJOR」は2017年に英国で2017年度「We Retail Awards」賞を受賞。2017年にレストラン「27 KHOSHA」のブランドデザインが東京TDCノミネート。