TDC 伊東友子 + 時里 充
NUMBERS DESIGN BY
AWARD
2019
伊東友子 + 時里 充

めくる映像_特集

伊東友子 + 時里 充
伊東友子 + 時里 充
伊東友子 + 時里 充

「めくる映像_特集」は2018年に古書店「コ本や」にて行なわれた「めくる映像」シリーズの展覧会です。
本を読む人や映像を見る人といった「鑑賞者」たちは、常にそのメディアの中に没入することでコンテンツとかかわり合う存在です。鑑賞者とコンテンツをとりまく様子を俯瞰する「第三者の視点」への考察をきっかけに、本と、それをめくる手が登場する映像作品が「めくる映像」シリーズです。
日常の読書の際には意識に上らない「本をめくる手」は、この作品においては本の扱いを制御すると同時に、印刷されたテキストに制御される存在でもあります。ページがめくられていくことと、映像が流れていくこと、それぞれの時間はちぐはぐのまま進みます。テキスト、本、めくる手、映像。ディスプレイに現れているものは、それらの関係が未分化のまま、一層になったものです。言葉、そして文字の作用はそれらの関係をつなぐ作品の核の一つと言えます。
この作品がTDC賞にて評価され、光栄な賞をいただいたことたいへん嬉しく思います。

伊東友子 + 時里 充

伊東友子
多摩美術大学大学院美術研究科修了。文字・言葉に纏わる制作および執筆を行う。

 

時里 充
岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー、多摩美術大学卒業。画面やカメラに関する実験と観察を行い、作品を制作発表している。
http://tokisato.info/