TDC 植原亮輔
NUMBERS DESIGN BY
AWARD
2014
植原亮輔

Every Little Thing ON ‘N’ ON

植原亮輔
植原亮輔
植原亮輔
植原亮輔
植原亮輔

フリーハンドで書体を描くことを始めたのは小学校5年生のころ。
当時、父が勤めていた設計会社にレタリングの本があり、
なぜか夢中になってページをめくっていて、
いつの間にかフリーハンドで書体を模写するようになったんです。
デザインされた“書体の美しさ”はもちろんですが、
書体が持つ“ルール”などにもキュンとしたのかな。
また、文字=人間の歴史や文化や心を繋ぐツールは、
おそらく幼心にもそのカタチや表情に意味性を感じずにはいられなかったのかもしれませんね。
タイトル(EVERY LITTLE THING ON ‘N’ ON)の文字を描いている時に
思い出したのは、無心で書体を模写したあの時のこと。
「基本を忘れずに」と、神様に言っていただいた気がします!!
受賞、ありがとうございました。

植原亮輔

植原亮輔 Ryosuke Uehara
1972年北海道生まれ。多摩美術大学デザイン科(テキスタイル専攻)卒業後、DRAFTを経て2012年に渡邉良重とキギを設立。企業、ブランド等のアートディレクション、D-BROSをはじめとしたプロダクトデザインを手掛ける。主な仕事に、パルコ2014S/Sキャンペーンメインビジュアル、PASS THE BATON、SANYOコートキャンペーン、krukkuのコスメライン「reilu」など。主な個展に「キギ展」(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)、「続・キギ 展 集合と拡散」(ヒルサイドフォーラム)。著書に作品集『キギ/KIGI』(リトルモア)ほか。「THEATRE PRODUCTS」の仕事で第11回亀倉雄策賞を、「T.O.D.A.」JAGDA賞・東京ADC会員賞(2013)、「implosion – explosion」ニューヨークADC金賞・ONE SHOW DESIGN金賞(2013)など受賞多数。
http://ki-gi.com