TDC 服部一成
NUMBERS DESIGN BY
AWARD
2014
服部一成

here and there 1-10

服部一成
服部一成
服部一成
服部一成
服部一成
服部一成

2002 年春、編集者の林央子さんに、個人的な雑誌のようなものを始めるのでアートディレクター をやってほしいと言われた。よくわからなかったが、すごくわかる気もして引き受け、それから だいたい年に1冊ペースで途切れずに続いた。少部数ながら国内外で反響があり、途中からスイ スのインディペンデント出版社NIEVES が版元になってくれた。10 号になったとき、NIEVES 主宰 者のベンジャミン・ソマホルダー君が記念にモノクロの合本を出したいと言った。僕がぐずぐず している間にソマホルダー君が本の仕様を決め、紙を選び、全10 冊の全ページをスキャンして くれた。僕が表紙のデザインデータをメールで送ると、電話帳のような本が出来上がった。

服部一成

服部一成 Kazunari Hattori
グラフィックデザイナー、アートディレクター。1964年東京生まれ。1988年東京芸術大学美術学部デザイン科卒業、ライトパブリシテイ入社。2001年よりフリーランス。主な仕事に、「キユーピーハーフ」の広告、雑誌『真夜中』・『流行通信』・『here and there』のアートディレクション、三菱一号館美術館のロゴタイプ、東京国立近代美術館・横浜美術館・東京都庭園美術館のポスターや告知物、『プチ・ロワイヤル仏和辞典』・中平卓馬写真集『来たるべき言葉のために』のブックデザインなど。毎日デザイン賞、亀倉雄策賞、東京TDCグランプリ、ADC賞、原弘賞などを受賞。