TDC Erich Brechbühl
NUMBERS DESIGN BY
AWARD
2013
Erich Brechbühl

Between me and tomorrow

Erich Brechbühl

Youth Theatre Sempachは1999年に設立された。私は、共同設立者の一人として、設立当時から公演用のポスターを毎年デザインしている。私にとって、人目を引くポスターを創作するために演劇のエッセンスを理解することは、常にチャレンジである。
2012年の演目は「Between me and tomorrow」というタイトルの、若者が大人になる物語で、舞台は公共の水泳プールである。数人の若者が、彼らの年代の問題について話し合っている。
このポスターのために、私は、空気が抜けかかったアームヘルパー(子供用の腕に付けて使う浮き輪)のイメージを使って、子供から大人への過渡期をシンプルに示すことにした。写真ではあまり人目を引かないため、イラストレーターのグラデーションメッシュを使い、極めて写実的な絵を描いた。そのため、さえないCMYKカラーの代わりに蛍光オレンジ色を使うことができた。ポスターの中にイラストをできるだけ大きく配置し、近くに貼ってある他のポスターよりも、このポスターが大きく見えるようにした。

Erich Brechbühl

エーリヒ・ブレヒビュール Erich Brechbühl
1977年生まれ、スイスのゼンバッハで育つ。ルツェルン近郊でのタイポグラフィ見習い期間(1994~1998年)、ヴィリザウのNiklaus Troxlerスタジオでのグラフィックデザイン見習い期間(1998~2002年)を経てドイツに移り、メタ・デザイン・ベルリンでインターンとして勤務。その後、ルツェルンに戻り、グラフィックデザイン・スタジオ「Mixer」を設立。2007年から国際グラフィック連盟(AGI)会員。2009年、ルツェルンのポスター・フェスティバル「Weltformat」を共同で立ち上げた。
韓国国際ポスター・ビエンナーレ学生部金賞(2002年)、中国国際ポスター・ビエンナーレ銅賞(2003年)、トルナヴァ・ポスター・トリエンナーレ第2位(2006年)、ラハティ・ポスター・ビエンナーレのグランプリ(2007年)、ショーモン国際ポスター・コンクール第2位(2008年)、スイス・ポスター賞グランプリ(2008年)、モスクワ国際グラフィックデザイン・ビエンナーレのゴールデン・ビー賞(2012年)など、受賞歴多数。