TDC 矢萩喜従郎
NUMBERS DESIGN BY
AWARD
1992
会員部門:審査員特別賞
矢萩喜従郎

(株)アー・ドゥ・エス パブリシング/ブック「VISION OF JAPAN」

矢萩喜従郎|(株)アー・ドゥ・エス パブリシング/ブック「VISION OF JAPAN」
矢萩喜従郎|(株)アー・ドゥ・エス パブリシング/ブック「VISION OF JAPAN」
矢萩喜従郎|(株)アー・ドゥ・エス パブリシング/ブック「VISION OF JAPAN」
矢萩喜従郎|(株)アー・ドゥ・エス パブリシング/ブック「VISION OF JAPAN」
矢萩喜従郎|(株)アー・ドゥ・エス パブリシング/ブック「VISION OF JAPAN」

(株)アー・ドゥ・エス パブリシング/ブック「VISION OF JAPAN」

日本人の自分にとっても日本とは他者そのもの。怪物にも煮たそれを把えようと力んでみても不可能というもの。私が為し得ることは、”私にとって”とその言葉の前に付け加えるだろう。その方法を用いて、おぼろげにも他者の一部を、立ち上がらせることができるのだろう。それに自分が希求するのは透明。透明とは、身体に痛みを伴わず、知識や習慣によって既に多くを知っていると錯覚させる、障壁を突き破ることができる状態だ。言い換えれば、透明の状態をもたらし、私が限りなく物事や記号の核心に触れること、あるいはそれらを通過させ、表出させることである。そのことではじき出されたものが他者の生の破片、または断片であり、それらを集積することで、日本という他者の新しい輪郭を浮かびあがらせるのだ。この所作、つまり”私にとって”の作業によって、他者としての日本が、私という在りかたを意識させることになる。

矢萩喜従郎 Kijuro Yahagi

’52山形に生まれる。’74東京学芸大学卒。’76桑沢デザイン研究所卒。 主な受賞歴:’88東京ADC賞・原弘賞、’90ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞、’92ニューヨークADC国際展銀賞、ブルノ国際デザインビエンナーレ銅賞、ワシントン・カラー・カウント・コンペティション、デザイン・エクセレンス賞など多数。